リノベ座談会 vol.2

▲ 河北ウイークリーせんだい 2021年9月30日掲載記事
座談会2メンバー
  • 株式会社タカヤ 青山日香理さん
  • 株式会社N’s Create 攝待花佳さん
  • 株式会社リノシア 菊池桃子さん

ここからは、紙面では載せきれなかったお話を少々……

【WEB版 こぼれ話】

リノベのホンネ ─ 大変!でもやりがいを感じたことは?

菊池:大変なのは、資材納期が間に合わない時。大工さんが作業できる日数が決まっているので、そのスケジュール内に届かない時には、自分で取りに行くことも。コロナの影響もあって資材が見つからない時は、色々な会社に電話をかけまくります(笑)。

青山:私も似た経験があります。その他には、電気配線がらみで苦戦しましたね。工事中にお客様が電気会社の契約を変更してしまい、アンペア数が当初の計画と変わって大変だったことがあります。

攝待:内装に関しても、お客様のご要望はそれぞれですよね。「人気ドラマのお部屋のこの部分を真似したい」というオーダーが来た時、私はドラマを観たことがなかったので、全部借りてきて観ました。その他にも、「楽天イーグルスの赤色と同じ壁の色にしたい」というオーダーでは、楽天のパンフレットの色と部材を見比べたり……。

菊池:特殊な部材がらみは大変ですよね。ハンモックやクライミングロックを部屋の中に設置した時は、補強がめちゃくちゃ大変でした……。お客様にはとても喜んでもらえて嬉しかったです。

青山:特殊といえば、壁一面をガラスブロックにしたいというオーダーがありました。ガラスを積み上げて作るので、重量もあるし、施工費がものすごく高いんです。各社色々なものを調べて、ガラスブロックよりもずっと軽量で扱いやすい、アクリルブロックというものを見つけ出し、それを使いました。使いたい、あきらめたくない、でも予算がないというところにフィックスできるものを探すって大変だけど、最後には「使えてよかったです!」って喜んでくれて、一生懸命探してよかったなって思います。


~皆さんの仕事道具を一つご紹介♪~

菊池【レーザー距離計&炭酸水】
レーザー距離計は天井など高さの計測に便利。炭酸水はスカッと気分転換に!

攝待【メジャー&養生テープ】
プライベートでも持参するメジャー。「職業柄、カフェのテーブルの高さなどを測ってしまいます」

青山【手帳】
予定は手帳に書き込むアナログ派。「予定が埋まっていくのが快感なんです」


編集後記

2グループ目の座談会では、リノベ業界で働く若手女性3名が、日々悩みながらも奮闘しているひたむきな様子が垣間見えました。
お客様一人ひとりの理想の住まいが形になるリノベ。その陰で、お客様の伴走者であるリノベのプロたちが、汗をかいて奔走していることを頼もしく思います。

リノベーション協議会(東北エリア)
https://www.renovation.or.jp/tohoku/

リノベーションオブ・ザ・イヤー
https://www.renovation.or.jp/oftheyear/