リノベ座談会 vol.3

▲ 河北ウイークリーせんだい 2021年10月7日掲載記事
座談会3メンバー
  • e-concept株式会社 インテリアコーディネーター・整理収納アドバイザー大道寺怜奈さん
  • 株式会社エコラ 一級建築士・インテリアコーディネーター 山本千秋さん

ここからは、紙面では載せきれなかったお話を少々……

【WEB版 こぼれ話】

リノベのホンネ ─ リノベ業界のプロの住まいは、中古リノベ?新築?

奥口:お二人のお住まいは?

大道寺:賃貸の物件です。

山本:新築に住んでいます(笑)。

奥口:リアルなお声が聴けましたね(笑)。その決め手は何ですか?

大道寺:眺望ですね。私は、窓から見える景色がきれいな家がいいなと思い、今の家に決めました。広瀬川と八木山の鉄塔が見えるのが気に入っていて、その景色が見やすい様にソファを置いたりしています。

奥口:内装はリノベで変えられても、眺望は変えられないですものね。

山本:私は、震災で実家が全壊してしまったので、そこに新築を立てて二世帯で住んでいます。元々ハウスメーカーにいたので、そのメーカーに希望を細かく伝えてオーダーしました。

大道寺:リノベは、今まであったものを廃棄するところからはじめるんです。昔の建物は今と耐震基準が違うので、今だと入れていなければならない部材が入っていなかったりします。そうすると、建て替えた方がいいケースもありますね。

奥口:それでもリノベを推すとしたらどんなところでしょう?

山本:ある程度わがままを叶えてもらえるところでしょうか。新築だとメーカーの標準品からしか選べないなど縛りも多いですが、リノベはもう少し自由度があるので、こういう感じのものがいいとか、選択肢が多いのは魅力の一つですね。


~皆さんの仕事道具を一つご紹介♪~

山本【三角スケール】
「製図する時に使うので、いつも持ち歩いています」

大道寺【眼鏡】
長年のパートナーである眼鏡。「実は2回〝リノベーション〟しています。最近はフレームを塗装し直しました」


編集後記

「リノベって実際どうなの?」これまでに様々な物件を手掛けてこられたお二人に真っ向から質問を投げかけた3グループ目の座談会。「新築も中古リノベもそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらを選択するかはお客様がどんなライフスタイルを送るか次第」という本質的な答えを返していただきました。
今回のリノベーション協議会の記事が、皆さんがこれからのご自身の暮らしと、そこから広がる心地よい住まいを考えるきっかけになれば幸いです。

リノベーション協議会(東北エリア)
https://www.renovation.or.jp/tohoku/

リノベーションオブ・ザ・イヤー
https://www.renovation.or.jp/oftheyear/